「第二の誕生日」

信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。知ったおかげより知らないおかげが多い。後で考えてみてはじめて、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかるようになる。

来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。

神奈川県在住の女性(40代)から、以下のようなお礼のメールを頂きました。彼女は、5年前に卵巣癌を患い、卵巣と子宮を全摘され、その後、仕事の面でも精神的にも落ち込んでいかれていたそうですが、宮のHPを偶然見つけられた翌日からおかげの兆しが現れ、ブログを読み返し、またお願いをされ始めたところ、状況が好転するおかげを頂かれ、昨年宮に初参拝されました。

後で調べたところ、不思議なことに初参拝の日が、卵巣癌を告知された日と同じだったこともわかたことから、この日を自身の「第二の誕生日」とされました。その後は、体調も良く、イギリス人の彼もでき、明るい未来を思い描くことができるようになられているようです。

ももやま様、 いつもいつも「おかげ」を頂戴し、まことにありがとうございます。 昨年、初参拝させていただいた日を「第二の誕生日」と定めてから 丸一年、無事に過ごすことができました。 本来ならば宮にお礼参りすべきところ、 メッセージの形でお礼を申し上げることをお許し下さい。

イギリス人の彼とは将来一緒に住む計画を具体的に立て始めています。 万一、この御縁がスムーズに運ばなくても、神様は常に最善の選択に導いて下さる。そう考えますと、挫折や困難は、むしろ、より良い方向への近道だと思えてまいります。

もしイギリスに住むことになりました折には、ぜひ願いの宮について現地で広めさせていただきたいと思っております。今後とも末長くお見守り下さいませ。師走を迎え、ますます御多忙のことと存じますが、どうぞ御自愛下さいね!


[singlepic id=419 w=320 h=240 float=center]
『小筆講習会』のお知らせ

小筆講習会が開催されることになりました。講師のお話を聞くというよりは、それぞれに自由に書いて頂いたものを、講師からアドバイスを受けるアットホームな雰囲気の講習会です。参加希望される方は、問い合わせからお申し込み下さい。

●日時:12月6日(日)午後2時開始

●場所:願いの宮 2F集会室

●講師:芝崎理紗(3歳から書道を始め、現在教室開講を目指して活動中)

●参加費:1000円

●参加定員10名

※マイ筆や筆ペンがあれば持参して下さい。ない方には、筆ペンをお貸しします。年賀状など書きたいものがある方は、それを持参して下さい。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ