「結界」は天地の乳房

親は、心配させる不肖な子ほどふびんに思うであろう。神も、神の心を知らないでいる者ほどかわいいと仰せになる。親を頼って来る子には、うまい物でもやれるが、来いと言っても、何かと逆らい、親を敵のようにして、よそへ出てしまうと、どうしているだろうかとふびんに思う。親がそうして子をかわいがるのも、神が人間をかわいがってくださるのも、同じことである。

2月11日(祝)午後2時から、バレンタイン直前企画、良縁成就祈願「桃祭」が執り行われます。詳細及び、郵送用の良縁桃形はコチラ恋愛や結婚につながる良縁だけでなく、人や仕事等の良縁のお願いごとでもかまいません。

[singlepic id=916 w=320 h=240 float=center]
TV放送後、宮に初めて参拝される方が続き、長年病気で悩まれている方、今後の人生をどうすればいいか悩んでいる方、話し相手がいない方、良縁を願われている方、就職先を探されている方等、いろんな方が足を運ばれています。

悩みごとを聞かせて頂く、「結界」というスペースは、天地の乳房とも呼ばれていますが、この「結界」に来られた方は、神様にハグされたような感覚になるのか、自然と涙を流されたり、話すつもりのなかった過去の話を始められたりと、いずれも不思議な感覚になられるようです。

その後は、みなさんスッキリとした晴れやかな気分で帰られ、少しずつ状況が好転するおかげを頂かれている方ようです。


※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ