『希望なきところに努力なし』

的なしの信心を授けておく。一心を定めて、いただくがよい。おかげは受け勝ち、守りは受け得。おかげを受けたら、ご恩を忘れてはならない。

2月11日(祝)午後2時から、バレンタイン直前企画、良縁成就祈願「桃祭」が執り行われます。詳細及び、郵送用の良縁桃形はコチラ恋愛や結婚につながる良縁だけでなく、人や仕事等の良縁のお願いごとでもかまいません。

[singlepic id=288 w=320 h=240 float=center]
大阪市内在住の女性(30代)が、小学生の息子さんを連れてお礼参りされました。希望していた難関の私立中学校に無事合格されたそうです。

以前から近所の町医者の老先生と家族ぐるみのお付き合いをされていましたが、その尊敬されていた老先生が亡くなられて以降、可愛がってもらっていたこの息子さんに、老先生と同じ医師になって世の中のお役に立ちたいというハッキリとした夢ができたようです。

『希望なきところに努力なし』。人間はどんな願いをもつのか、何を希望するのかで、人生が大きく変わります。彼はまだ小学生ですが、目標がハッキリしているので、医師に少しでも近づけるようにと、勉強に集中できるような雰囲気のある進学校を自分で選び、この度、猛勉強の末、無事に合格することができました。

閉塞感漂う今の世を突破していくためにも、世の中のお役に立ちたいという若いリーダーが増えていくことが大切です。今後、彼はどういう人生の道をたどるのかわかりませんが、神様の後押しを頂いて、その一翼を担える大人に成長してもらいたいと思っています。


※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ