『絆』を感じる月例祭

人の身が大事か、わが身が大事か。人もわが身もみな人である。

6月26日(日)、午後2時から上半期を祓う「夏越大祓式」が仕えられます(祭典の詳細及び郵送用の人形はコチラ)。


[singlepic id=1284 w=320 h=240 float=center]

6月18日(土)午後2時から、定期的に開催される宮司の嫁による人生好転のための独演会、『かのん茶屋』がオープンします。気軽にご参加下さい。申し込み等の詳細はコチラ


昨日は、第2日曜月例祭が仕えられました。「愛の輪」会長の内海さんが作詞された曲が無事に完成したので、キングレコードに所属されている歌手の高橋圀山さんと共に参拝され、CDを奉納されました。

この曲とは関係はありませんが、作曲家の若い男性(20代)も参拝されていたこともあり、祭事後のお茶会では意気投合しているようでした。将来作曲家としてやっていく上でのアドバイスももらい、お参りしてよかったと喜んで帰られました。

また、先日初参拝された人間関係に悩む発達障害の高校生とお父さんも月例祭に参拝され、同じく初めて月例祭に参拝された養護学校の先生をされている女性が、彼の話し相手になって下さいました。『絆』を結ぶ月例祭に相応しい、御縁の広がりようで、大変ありがたいお祭りになりました。

今後も、それぞれが、それぞれのところでおかげを頂いてもらいたいと思っています。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ