ああなりたい、こうなりたいの前に

手や口は手水鉢で洗っても、性根は何で洗うのか。実意丁寧の真でなければ洗えまい。

[singlepic id=683 w=320 h=240 float=center]
兵庫県在住の男性(40代)が参拝されました。3か月ほど前から、なんとか人生を立て直したいと、毎月のように宮に足を運ばれています。詳しくは書けませんが、家庭や仕事の面で、上手くいかない状況が続き、生きているのが苦しいと感じる日々を過ごされていました。

毎日、自宅でも神様にお願いすることで、少しずつは気持ちが和らいでいる面もあるのでしょうが、なかなか状況が変わってはいかないようです。

「以前からお話を伺っていますが、ずいぶんとメグリの深い家のようですね。」と言わせて頂くと、

「そうなんです。実は、先祖や親戚の中には、事件を起こしたり、自殺をする者もいます。こういう話をなかなか言い出せなくて・・・。以前、入っていた宗教で、このような話をしたところ、先祖の供養をしなあかんと、ここぞとばかりに高額のお布施の強要をされまして・・・。こちらでは、そのようなことを言われることはないのはわかっているのですが、どうも言い出し難かったんです。」と言われました。

「そうでしたか。しかし、その高額のお布施をしても、今現在こんな状況なんでしょう?助かりは、お金の大小で解決できるものではりません。どれだけ真心をもって、神様に心を向けているかで決まってきます。ああなりたい、こうなりたいという大きな願いもあるでしょうが、その前に、一歩でも半歩でも日々進んでいることに目を向けて感謝させて頂くこと、そして、先祖の助かりやご無礼のお詫び、そのメグリのお取払いもしっかりと願わせて頂くことが大切です。大きな願いは、その後からでもいいでしょう。」と言わせて頂きました。


NIQCUSE×願いの宮コラボ企画で開催されたペット祈願祭の様子は、コチラ(NIQCUSE代表のブログ)をご覧下さい。※代表玉串を奉奠された犬の学校「ひまわり幼稚園」谷山園長先生のブログ

5月2日、3日は、以前から懇意にさせて頂いている仙台きりゆきさん(現在、久嵩小雪としてソールナビゲーターとして活躍中)のイベントが宮を会場に開催されます。申込み等の詳細はコチラ


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ