あの出来事のおかげで

信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。知ったおかげより知らないおかげが多い。後で考えてみてはじめて、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかるようになる。

いつもブログを応援して頂きありがとうございます。今日もこちらをクリックお願いいたします。

Kudamono0501今日は、愛媛県在住の女性(40代)が初参拝されました。離婚後、いろいろと仕事を続けて来られたそうですが、自分が本当にやりたいことが何なのかを模索しはじめられているようでした。

「離婚してすぐの時は、とにかく何か働かなければと思い、がむしゃらにやってきましたが、仕事をしていく中で、自分は本当に何がやりたいのか、もっとやりがいのある仕事をしたいと思うようになってきました。贅沢な悩みですが、同じ時間を過ごすなら、その方が充実していると思うので、お導き頂ければありがたいです。」とお願いされていました。

また、別れたご主人に対しても、離婚当初は恨みがあったそうですが、現在はそれも薄れてきているようでした。「あんなことがなければ、こんな状況になっていなかった・・・と、どこかでまだ恨んでいるところもあるのですが、ネガティブな感情を捨てて、明るく前向きに考えていけるようにもお願いしたいです。」と言われたので、

「起きてしまったことを、いつまでも考えていても仕方ありません。あの離婚のおかげで、こんな自分になれたというおかげを、仕事の面でも、家庭の面でも、精神的な面でも、ここから存分に頂いていきましょう。」と言わせて頂きました。

人生にはいろんな出来事が起きてきますが、あの出来事のおかげでこうなったといえるくらい、大きなおかげを頂く気概をお互いに持っていたものです。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(4日現在5位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ