いつまでも悩まない

心配は体に毒、神に無礼である。心配する心を神に預けて、信心する心になれよ。おかげになる。

ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=1327 w=320 h=240 float=center]

『絆』の祭日。8月14日(日)、第2日曜月例祭は、午後2時より仕えられます。お時間のある方は、祭事後のお茶交流会にもぜひ参加して下さい。


福岡県在住の女性(40代)から、「気にしすぎだとよく言われるんですが、落ち込んだ時の気持ちの切り替えがなかなかうまく出来ません。人間関係でつまずいた時、その気持ちを自分でどう受け止め、どう心の中で処理していけばよろしいのでしょうか・・・。」と質問(一部抜粋)を頂いたので、以下のように答えさせて頂きました。

心配や不安をそのまま放置しておくと、どんどん増していくだけなので、どうにかしたいものですね。まずは、そのままにせず、本心はその逆の状態を願っているのですから、そのことをお願いさせて頂きましょう。友人との関係が良くなりたいのであれば、そのまま素直に良くなるようにと願わせて頂くことです。

あとは、物事を悪いように取ってしまう癖があるようですが、これを機会に良いように受けとる習慣を身につけましょう。お願いした後でも、すぐに良いように受けとれない時は、ひとまず、全く違うことを考えることも大切です。このことを考えたら、時間を忘れてしまうというくらい楽しいことや、熱中できること、何でもいいので、悪いように思い悩んでしまう事柄から、さっと目をそらしましょう。

それも、悪いように受けとってはいけないと、心の中から悪いものを払い除けようとするようなシリアスな感じはなく、たまたま入った部屋が暗かったので、別の明るい部屋に変えようとするくらいの軽い感じで考えたらどうでしょうか。




※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ