おかげのもとを訪ねる

Omiki今日は、大阪市内在住の男性(20代)が初参拝されました。声が出にくくなって10年近くなり、医学的にも原因がわからない状態とのことでしたが、精神的なことが原因とも考えられるので、お話を聞かせて頂きました。「いろいろとありましたが、結局のところ自分自身を許せていないんだと思います。」と言われていました。「では、神様にお願いしつつ、心に引っかかっているものをひとつひとつ許してあげましょう。心配しなくても、お願いを続けていれば、声も必ず出てくるようになりますよ。」と言わせて頂きました。

昨年も、医者に診てもらっても治らない、霊能者のところろへ行っても変わらない皮膚の炎症(ご本人は霊障と言われている)が出ているご婦人がお参りされましたが、月参拝をされるようになり、自宅でもお下げした御神酒をつけてお願いを続けて来られました。すると、1ヵ月で効果が現れ、3ヶ月ほどで、何年も治らなかった炎症がすっかりきれいに治るおかげを頂かれるということがありました。原因を探ったところで、それで治るというものではありません。原因を探ることも大切ですが、それ以上におかげを授けて下さる神様にしっかりとお願いさせて頂くことも大切なのです。

「願いの宮」オリジナルの願掛けストラップと携帯用神殿画像が完成!!「おかげ絵馬(感謝絵馬)」を奉納して桃の花を咲かせましょう!!「願いの宮」CMはこちら

第2回(最新)講演セミナーCDの注文を受け付けています。おかげを頂きたい(開運したい)けど、なかなか状況が変わらないと感じている方にはお勧めのCDです。 → 注文はこちら また、第1回講演セミナーの内容は無料インターネットセミナーで聴くことができるようになりました。 → 無料ネットラジオセミナーはこちら(第1回約60分)

【開運のポイント】みな、病気の名前や病気のもとは不思議によく知っているが、おかげの受けられるもとを知らない。病気のもとよりは、おかげのもとをたずねてみよ。

※このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(7日現在6位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ