おかげ絵馬から元気をもらう

信心は日々の改まりが第一である。毎日、元日の心で暮らし、日が暮れたら大晦日と思い、夜が明けたら元日と思って、日々うれしく暮らせば家庭に不和はない。

[singlepic id=1171 w=320 h=240 float=center]
4月17日(日)午後2時よりペット祈願祭が仕えられます(郵送での参加も可能)。申し込みは一週間前までにお願いいたします。詳細はコチラ

東日本大震災で亡くなられた犠牲者への祈り、避難生活をされている方々への祈り、救済活動をされている方々への祈りが各地より届いています。

ここ数日では、東北地方に住む震災に遭われた方からも、前向きなメッセージが届くようになりました。いち早く、「絶望」から「希望」へと心の向きを変えられた方々の足元から復興への道は始まります。引き続き身上安全と、すみやかな復興を祈願させて頂きたいと思います。

地震の話ばかりでは、元気が出ないので、最近奉納された感謝のおかげ絵馬を紹介させて頂きます。

まず、神奈川県在住の女性(20代)が、就職が決まったお礼の報告をされました。彼女は、大学では科学を学び、就職後は研究や開発の部門へ配属されることになったそうです。将来は経営者になりたいと、現在経営も学ばれているようです。科学と経営を結びつけ、世の中のお役に立ちたいと考えているようです。

また、大阪府内在住の男性(10代)は、京都大学へ無事に合格できたお礼の報告でした。彼はクローン病という病を抱えての受験生で、体調の浮き沈みもあり、受験前には手術をするという出来事をも乗り越えての合格でした(この時のブログ「思い分け力」)。彼もまた、大学で学んだことで自分のような病気を抱えている人を助けることができたらと話されていました。

現在も危機的な状況が続いていますが、彼らのような夢多き若者たちが活躍できるような、活力ある日本を今一度再生させなければなりません。ともすれば、「絶望」の情報に心が奪われてしまいがちですが、「希望」が出るような情報を意識的に集め、「希望」が出るような話をすることで、お互いに励まし合っていきたいものです。『朝の来ない夜はない』、元気を出して、ここからおかげを頂いていきましょう。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ