おかげ絵馬で感謝

九死に一生のお願いでどうでもおかげをいただこうと、一心になっている時のように、お礼が本気で言えたらよい。願うことはすぐにできても、お礼はなかなか言えない。お願い一度にお礼十度というように、お礼を言う心が厚いほど信心が厚い。信心が厚いほどおかげが厚い。

2月11日(祝)午後2時から、バレンタイン直前企画、良縁成就祈願「桃祭」が執り行われます。詳細及び、郵送用の良縁桃形はコチラ恋愛や結婚につながる良縁だけでなく、人や仕事等の良縁のお願いごとでもかまいません。

[singlepic id=1128 w=320 h=240 float=center]
大阪府内在住の女性(30代)が、お参りされました。今回で2度目のお参りですが、就職先が無事に決まり、願っていた以上のおかげを頂けたお礼の報告とともにおかげ絵馬を奉納されました。

ありがたいことに、今回で、絵馬を掛ける衝立の表面がいっぱいになりました。結婚のお礼、出産のお礼、就職や進学のお礼、病気平癒のお礼等、それぞれの感謝の思いが桃の花となって咲き乱れているようです。

今後は絵馬を裏面に掛けさせて頂き、それもいっぱいになった時は、新たな衝立をつくらせて頂く予定です。「結界」に来られる、悩んでいる方、苦しんでいる方の周りをこの感謝のおかげ絵馬(桃の花)で囲んであげるとこができたらありがたいと思っています。


※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ