どうにもならない時

重い物を背負っているか担いでいれば苦しいが、そうではないから信心は楽である。家業を勤めながら信心をせよ。

Maikeiko07お盆のシーズンということもあり、遠方から参拝される方が普段よりも多いようです。横浜、岐阜、福岡など帰省を機に参拝される方もおられれば、休みを利用してわざわざ足を運ばれた方もおられるようです。

中でも、先日横浜から参拝されたご家族は、昨年頃より関西に帰省される際は、宮に足を運ばれるようになりました。ご主人は、将来の日本を支えるような大きな仕事をされ、着実におかげを頂かれてはいますが、大企業や国を巻き込んでの仕事なので、自分の力だけでやれる仕事の限界を超えているので、とにかく神様の後押しを頂きたいとのことでした。

そのご主人が引かれた桃花札カードには、“どうにもならない時には、じっと寝入るような心持ちになるのである。どうにもならないと思う時にでも、わめき回るようなことをするな。じっと眠たくなるような心持ちになれ”とのメッセージが書かれてあり、「このカードすごいですね。本当にどうにもならない場面が多い仕事なので、そんな時は、イライラせず、あとのことは神様にお任せして、この心もちになるよう気をつけたいと思います。」と話されていました。

また、今日は、舞のお稽古をさせて頂きました。23日に開催されるブライダルフェアに合わせて、動きを変えての練習です。当日、披露する舞も楽しみにして頂けたらと思っています。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ