アイデアを授けて頂く

今日は、兵庫県在住の女性ダンサーの方(30代)が参拝されました。

彼女が参拝される時は、いつもモチベーションが下がった時です。

「ダンサーとしての夢を描いて頑張っていても、なかなか前に進まないのでモチベーションが下がり気味です。そんな日々を過ごしていると、会社(事務職)が経営難に陥りリストラされてしまいました。

立ち止まってみると、ダンサーとしても中途半端、仕事の方も中途半端で、社会的にどうなのかと思えてきました。ダンサーの道を諦め、就職して仕事一本にしていくのか、それとも今までのように夢を追うのか迷っています。」と話されていました。

「何の制限もなく、実現できるのであれば、本当はどうなりたいのですか?」と尋ねると、「神戸の街を活性化させるためにも、自分のやっているスタイルのダンスを知ってもらいうための活動をしていきたいです。」と言われていました。

「あなたがここへ足を運ばれたのは、神様から背中を押してほしいからでしょう。本当は、夢を実現させたい気持ちでいっぱいのはずです。

何かが起こると、すぐにモチベーションが下がってしまう癖があるようですが、神様の後押しを頂いて、この心の癖を取り除かせて頂きましょう。心配しなくても自信も自ずと出てきますよ。

とにかく、夢の青写真を描いたとしても、そこまでたどり着くための手段は最初から自分で絞り込む必要はありません。実現するための手段、そのアイデアを神様から授けて頂きましょう。

インストラクターになって、人前で踊るだけが手段ではないですからね。また、その夢を成り立たせる(つながる)ような仕事のご縁もこれから頂きましょう。」と言わせて頂きました。

「昔から、少し何かがあると自信を失ってしまうんです。自分がやりたいことと、人や社会からの目線(常識)との選択が迫られると、その都度やりたいことを諦めてきました。

自分がやりたいことを選択することにどこか罪悪感を感じていようです。でも、今日は参拝して良かったです。スッキリしました。

来年からは、月に一度でも参拝して、モチベーションが下がらないようにしていこうと思います。」と晴れやかな顔で話されていました。

【開運のポイント】信心すれば、目に見えるおかげより目に見えぬおかげが多い。知ったおかげより知らぬおかげが多いぞ。後で考えて、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかるようになる。

※このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ (20日現在4位)

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ