スピ系のお役目のある方へ

神徳は、人間心のくらいも思わず、理屈も言わず、学問のうぬぼれ心もなく、清い一心さえあれば、受けられる。


昨日は、大阪市内在住の女性(40代)が、知人女性(30代)を連れて参拝されました。40代の女性は、最近、タロットを勉強されて来ましたが、先日癒しのイベントで占師としてデビューされました。その際、チャネラーとして参加されていた30代の女性と仲良くなり、宮の方にも一緒に参拝されることになりました。

イベントでは行列ができ、終わるまで休むことがなかったそうです。とはいえ、いろいろと話される中で、「来られた方の背中を押すことができたらと思っていたので、喜んで頂けて嬉しい半面、お客さんにまたお願いしますと言われた時、この方々と関わることで人生を左右するかもしれないと思い、ものすごく恐怖に感じました。そんなことを考えていると自信もなくなってきました。」と言われていました。

「だんだん先生、先生と言われはじめると、なんか自分は偉いんじゃないかと勘違いしてくるものです。そういう意味では、自信がないのはいいことです。その上で、神様の後押しを頂いて、自信を持たせて頂きましょう。スピリチュアルや癒し関系にたずさわる方は、いわば神様のアシスタントをしているようなものです。

だとするならば、自分は他の人と違う能力があるんだと思い上がるということは、神様のお働きや力を横領しているようなものです。そのうち神様からも愛想を尽かされ、授かっていた徳もどんどんなくなっていきます。これでは本末転倒ですからね。決して神様より上にならないことと同時に、自信を持たせて頂くことを願わせて頂きましょう。」と言わせて頂きました。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ