ツキを呼ぶ神様

的なしの信心を授けておく。一心を定めて、いただくがよい(自由に自分でビジョンを定めて、おかげを頂けばよい)。おかげは受け勝ち、守りは受け得。おかげを受けたら、ご恩を忘れてはならない。

チラシや広告などの印刷を請け負う会社を経営されている男性(30代)がお礼参拝されました。不思議なことに宮のお手伝いをされるまでは、この仕事だけでは経済が成り立たない状況でしたが、おかげを頂かれ、この数ヶ月間で驚くほどのおかげを頂かれているようです。

価格の面や仕上がりの面では、自信があったので、あとはご縁がどうつながっていくかだけが問題のようでしたが、関西圏のある映画関係のお仕事を請け負ったところ、大変先方に喜ばれ、今後はそちらの仕事をすべて請け負うことが決まったとのことでした。これだけではなく、ここの代表の方がその業界では全国の代表をされている方で、全国各地の映画関係の方々に彼を紹介して下さったそうです。おかげを頂き、関西圏の仕事だけでなく、現在では全国を飛び回って仕事をされるまでになりました。

これだけでも商売繁盛のおかげなのですが、これだけでとどまらず、先頃アカデミー外国映画賞を取った「おくりびと」の仕事も運良く初期にやらせて頂いていたこともあり、チラシ等の増刷の依頼がものすごいことになっているそうです。ここ最近、毎月過去最高の売上が出ていると、神様にお礼の報告をされました。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ