ブログで気づき

信心をせよ。信心とは、しんはわが心、じんは神である。わが心が神に向かうのを信心という。恩徳の中にいても、人間に信がなければ、おかげはない。

いつもブログを応援して頂きありがとうございます。今日もこちらをクリックお願いいたします。

先日、ある女性から以下のような内容のお礼のメールが届きました。

ももやまさま、以前にメール祈願をお願いいたしました。Kと申します。お願いする度におかげをいただきありがとうございます。ただ、ここ2ヶ月間、一生懸命TOEFLの為の勉強をしていました。アメリカの大学に入る為にはどうしても必要な試験なんです。一生懸命やってもやっても、まだ足りないのではないか?と思い、焦りばかりで心が一杯になり、毎日精神的に大変疲れていました。

毎日「開運のことば」は読ませていただいていたのですが、それでも心が癒されることなく、本当に疲れていました。そんな時、先週22日のブログの内容で、資格取得に挑戦されている女性の話を読んで、はっとしました。私も彼女と同じで「自分の力だけでなんとかする」そして「神様にお願いする余裕がなかった」ことに気づきました。何でこんな簡単なことに気づかなかったんだろうと思い、心からすーっと重いものが消えていくようでした。心配は神様に預けて、信心すればよかったのですね。ありがとうございました。そしてあの資格取得に挑戦中の女性の方にも感謝です。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(25日現在5位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ