プライベートも

金の杖をつけば曲がる。竹や木の杖をつけば折れる。神を杖につけばよい。神は、曲がりも折れも死にもなさらない。

来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。

[singlepic id=9 w=320 h=240 float=center]
「ももやまさんは、年中無休で朝から晩まで神前でご奉仕されていますが、どこかに行きたいとか、何かがしたいとか思われないのですか?」という質問を受けることがよくあります。

事実、この十年の間、休むことなく神前での御用を勤め、日増さり、月増さりで、宮が繁栄するおかげを頂いてきました。前半の約三年はどなたも参拝されないような閑古鳥状態で、こちら側に強い願いがありつつも、心が腐ってしまうような状況の中での辛抱の座行(五年の行)でした。

止めたい、苦しい、どうしてこんな道を自分は選んだのか、どうせこんなことをしても無駄だろう・・・というような苦悩の日々もありましたが、少しずつ目に見えておかげを頂くようになり、十年が経ち、今ではこうして全国からたくさんの方が宮に参拝されるようになりました。※画像:五年の行(現宮造営中の仮広前・約七年前)。

そういう意味でも、旅行に行きたくならないのか、何か他にしたいことはないのかと聞かれても、あの苦悩の日々に思いを馳せると、正直、それ以上に、たくさんの方々のお役に立てていることの方が、私にとってはありがたいのです。同時に、さらにお役に立ちたいとの強い願い、またこうしていきたいとのビジョンがどんどんあふれ出てきます。

こういう素晴らしい環境で日々ご奉仕させて頂いていること、またこんな自分でも人様のお役に立たせて頂いていること、このことは神様に感謝してもしきれません。とってもありがたいことだと思っています。

とはいえ、私も人間です。限られた時間で、心のバランスを整えるべく、息抜きをすることもあります。そういうプライベートな部分も、このブログの箸やすめ的な位置で、たまに書かせて頂けたらと考えています。



ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ