プロになる覚悟

10月25日(土)午後6時から、美心祈願「橙輝祭」が執り行われます(美心桃形郵送用)。美容と健康をテーマにした特別祈願祭です。オレンジ(ビタミン)色に輝く、夜の神秘的な宮で、心も身体もより美しく健康になるようお願いさせて頂きましょう。

「願いの宮」オリジナルの願掛けストラップと携帯用神殿画像が完成!!「おかげ絵馬(感謝絵馬)」を奉納して桃の花を咲かせましょう!!「願いの宮」CMはこちら

今日は、福岡県在住の女性(20代)が参拝されました。今年の7月から月参拝されていますが、参拝される度におかげを頂かれ、描けなくなっていた漫画が楽しく描けるようになってきたそうです。不思議なもので描けるようになると、今度は自分の進む道も少しずつ見え出したようです。

同人誌の世界では、いろいろと作品を描かれてきたようですが、最近、自分が何を描きたいのかわからなくなり、周囲の声を聞きすぎて軸がブレてしまっている感じがするとのことでした。「昔は、こんな絵が描ける漫画家になりたいと思う漫画家さんをライバルにして、自分の信じる道を突っ走ってきましたが、最近は、楽な方へ楽な方へと流されているようです。今後は本当に自分が表現したいことを描いていきたいと思っているので、自信とモチベーションが維持できる力を授けて頂きたいです。」と言われました。

同人誌の中に憧れている作家がおられるとの話も出たので、「自分が進もうとする同じ業界の人を尊敬することはかまいませんが、憧れている場合ではありません。憧れていては、いつまで経っても自分の立ち位置が客席のままです。プロになるとは、その業界の舞台に立つ側になるということでしょう。今、あなたに求められているのは、プロになる覚悟だと思いますよ。」と言わせて頂くと、「そうですね。今、それを求められているような気がします。逃げてきた面もあるので、ここでしっかりと願いを立てて進ませて頂きたいと思います。」と言われていました。

とはいえ作品を応募したり、編集社の人に批評されるのは傷つくので好きではないとのことだったので、「作品を世の中に発信していく方法は、今や出版社だけではないので、その辺は、神様からいろいろとアイデアを頂きましょう。でも、傷つくのが嫌だからという理由はどうかと思いますよ。作品は、出版社の人に描いたものではありません。たとえ少数でも、あなたの作品を待ってる人に向かって描いているんです。すべての人に評価されようとする必要もありません。ダメな時は、気持ちを切り替えて、他に持って行けばいいんです。しっかりとお願いしていきましょう。」と言わせて頂きました。

第2回(最新)講演セミナーCDの注文を受け付けています。おかげを頂きたい(開運したい)けど、なかなか状況が変わらないと感じている方にはお勧めのCDです。 → 注文はこちら また、第1回講演セミナーの内容は無料インターネットセミナーで聴くことができるようになりました。 → 無料ネットラジオセミナーはこちら(第1回約60分)

【開運のポイント】信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。知ったおかげより知らないおかげが多い。後で考えてみてはじめて、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかるようになる。

※このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(17日現在5位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ