ペットも家族

天地の間に住む人間は神の氏子である。身の上に痛みや病気があっては、家業ができがたい。身の上安全を願い、家業出精、五穀成就、牛馬にいたるまで、身の上のこと何事でも、実意をもって願え。

今月で今年も終わろうとしています。可能な方は、年末までに今年一年のお礼参りをさせて頂きたいものです(参拝が無理な方は、特別祈願でも、祈願メールからでもいいので、感謝の気持ちを神様に送らせて頂くことを考えられたらどうでしょう)。また、12月30日は「年越大祓式」が午後2時から仕えられます。人形に念を込め、今年一年の厄を落とし、悪しきメグリを祓わせて頂きましょう。

[singlepic id=430 w=320 h=240 float=center]
京都府内在住の女性(60代)が、息子さんご夫婦とともに初参拝されました。飼われているペットの鳥が、原因不明で衰弱しているとのことでした。現在は、動物病院で入院されているそうです。

「家族と同じように思っているので、衰弱している姿がとても可哀そうです。このまま回復しなければ、死んでしまうので、なんとかならないかと藁をも縋る気持ちで、こちらに参拝させて頂きました。」と言われ、大きくて緑色の立派なペットの写真を差し出されました。この写真を神前に奉納し、改めて回復祈願をさせて頂きました。

「原因不明とのことですが、飼い主や家族の影響を受ける場合があります。家庭の方は、順調ですか?」と尋ねると、飼い主であるご婦人は、子宮癌の手術、肺癌の抗がん剤治療、両足の手術と病が続いていることや、お嫁さんがバイク事故が多いなどのことを話されたので、

「メグリが深いようですね。ペットの回復も大切ですが、根本である一家全体がおかげを頂かねばなりません。そのことも含めて、今後はお願いしていきましょう。」と言わせて頂きました。

来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ