ペット祈願祭の依頼

天地の間に住む人間は神の氏子である。身の上に痛みや病気があっては、家業ができがたい。身の上安全を願い、家業出精、五穀成就、牛馬にいたるまで、身の上のこと何事でも、実意をもって願え。

[singlepic id=147 w=320 h=240 float=center]
ペット祈願祭のご依頼がありました。話を聞かせて頂くと、実際にペットを連れて行っても大丈夫なところで、キチンとお祓いしてくれるところを探されているようでした。

「5人くらいペット仲間を連れて参拝させて頂きたいと思うので、ペットの祈願祭をして頂けないでしょうか?あと、祈願祭の後、宮をバックに記念撮影をさせて頂いてもかまいませんか?その写真を年賀状に使いたいので・・・。」と言われたので、「もちろんいいですよ。日時と、参加人数がわかれば、また連絡して下さい。しっかりと、ペットの健康や安全を願わせて頂きましょうね。」と言わせて頂きました。

秋頃に、合同でペット祈願祭を仕えたいと思っていたのですが、今年は、4月と6月にペット祈願祭を続けて仕えさせて頂いたこともあり、秋のペット祈願祭は休憩させて頂くことになりました。しかし、この方のように、個別で祈願祭のご依頼があれば、ご要望に合わせて仕えさせて頂きたいと思います。ペット祈願だけでなく、その他にも儀式をしてほしいというご要望があれば、ご相談ください。※儀式案内はコチラ

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気ブログランキングへ(18日現在8位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ