下半期を大祓い

手や口は手水鉢で洗っても、性根は何で洗うのか。実意丁寧の真でなければ洗えまい。

今月で今年も終わろうとしています。可能な方は、年末までに今年一年のお礼参りをさせて頂きたいものです(参拝が無理な方は、特別祈願でも、祈願メールからでもいいので、感謝の気持ちを神様に送らせて頂くことを考えられたらどうでしょう)。

[singlepic id=420 w=320 h=240 float=center]
12月30日、午後2時から『年越大祓式』が執り行われます。“人形(ひとがた)”を通して、一年の心の垢を掃除させて頂き、新たな気持ちで新年を迎えさせて頂きたいものです。“人形祓い”とは、厄を人形に移し、祓うことで、魂を浄め、人生の運を開いていく神事のことです(下部からプリントアウトして下さい)。

■人形の書き方
①まずは心を落ち着け、②誰についての祈願か、また願い主の住所、氏名を表に書き、裏面に祈願の内容を具体的に書きます。③身体のことを祈願する場合、人形で痛い所をさすります。④最後に書き上げた人形に、息を3回吹きかけ、⑤願いの宮の結界へお供えと一緒に差し出します(お供えの金額は自由)。遠方の場合はダウンロードした人形の郵送も可(住所等は、こちらのページを参照)。

■郵送用人形
開運人形 [PDFが開きます]
※PDFファイルをダウンロードされる場合は、
下記をクリックしてください。
dl_btn01

来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。
ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ