不妊治療からの出産

子は、わが力で産むとは思うな。みな親神の恵によるのである。


来年に向け、今年も幕と幟を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。


[singlepic id=664 w=320 h=240 float=center]

大阪市内在住の女性(40代)から、お礼の書き込みを頂きました。彼女は、結婚して7年、ご主人の持病による不妊、また彼女の年齢的なものに加え、血が固まりやすい着床障害があるとのことでしたが、なんとか子宝に恵まれたいと昨年末祈願メールを初めて送られました。

その後は、実際に宮に足を運ばれ、治療とともに、定期的に参拝を続けられるようになり、奇跡的にも妊娠のおかげを頂かれました。妊娠後も流産することもなく、順調に成長し、先日無事に出産のおかげを頂かれました。以下は、そのお礼の書き込みです。

いつも、【幸福祈願】をさせいていただき、ありがとうございます。この度、12月24日に無事、女の子が誕生いたしました。

「安産」と言うわけには行かず、私の回復にはもう少し時間がかかりそうですが、おかげでbabyは元気に産まれてスクスク育っております。また、子連れで宮にお礼に伺いたいと思います。




※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ