不思議なおかげ

死ぬ用意をすな。生きる用意をせよ。

いつもブログを応援して頂きありがとうございます。今日もこちらをクリックお願いいたします。「願いの宮」公式サイトのリニューアルをご支援して下さる方は→コチラ

Hakatan今日は、以前倫理法人会での講演依頼を持って来て下さった女性経営者(60代)の方が、30年前から片腕となって苦楽を共にしてきた女性(60代)を連れて参拝されました。

この女性の弟さんが、肺癌が再発され、本人は気力を失っているので、なんとか少しでもいい方向に進むようにとお願いされました。この休みをを利用して、弟さんに会いに行かれるので、宮で下げられた御神米を持って行かせて頂きたいとのことでした。

また、首筋に出来物ができ、癌の疑いもあると言われていた女性(60代)も、参拝されました。一時は、見ただけでわかるくらい大きく腫れていましたが、報告を受けた日に、祈願の後、御神酒を首に吹き付けさせて頂いたところ、不思議なことにその日から、だんだんと腫れも小さくなり、最終検査の日には、10分の1にまで小さくなっていたそうです。

数日後に手術を受ける予定になっていますが、その日まで、できるだけ小さくなって切除しやすい形になるよう、改めてお願いされていました。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(27日現在5位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ