乗り越える力を頂く

神を親と思って信心をしていれば神の方から子と思う。たとえて言えば、子供のそばに、親がいなければ、悪い者に棒でたたかれることもあるが、親がついていればたたかれることはない。悪事災難は棒を持って来るのではないから、しのごうと思ってもしのげないけれども、神を父母と思って信心していれば、目に見えない所は神が守ってくださる。

2月11日(祝)午後2時から、バレンタイン直前企画、良縁成就祈願「桃祭」が執り行われます。詳細及び、郵送用の良縁桃形はコチラ恋愛や結婚につながる良縁だけでなく、人や仕事等の良縁のお願いごとでもかまいません。

[singlepic id=1132 w=320 h=240 float=center]
大阪市内在住の女性(50代)が、初参拝されました。昨年、リストラに遭ったことから、ある資格を取得し、最近正社員として再就職されたそうです。この年で正社員に決まったと喜び、新しい職場で働き始めたところパートの女性から指導とは程遠い、イジメのような扱いを受けるとのことでした。

「この現場での経験を積み、さらに上の資格を取得しようと思っています。だから、こんなところで辞めるわけにはいきません。収入の面もあります。どうかこの状況を乗り越える力を授けて下さい。」と神様の後押しを願われていました。

「今は新しい仕事を始めたばかりなので、経験も浅く、余計にしんどいことでしよう。しかし、いつまでもこの状況が続くわけではありません。しっかりと神様にお願いさせて頂きましょう。神様にお任せするからには、何を言われたとしても、“ありがとうございます”とすべてを受け取らせて頂くことです。とにかく、アホになって、受け取らせて頂きましょう。相手に合わせて、いちいち反応していたら身がもちませんよ。」と言わせて頂き、

「それでもしんどいという時は、またいつでもお参りして下さい。お話を聞かせて頂きます。」と言わせて頂きました。


※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ