井戸を上から見ても深さはわからない

人間を軽く見るな。軽く見たらおかげはない。

いつもブログを応援して頂きありがとうございます。今日もこちらをクリックお願いいたします。

今日は、3年ほど前から月参拝を続けられている女性(40代)が参拝されました。友人に連れられて初めて参拝された際は、人生に行き詰まりを感じられている頃で、彼女自身も目の焦点も合わず、魂がここにいない抜け殻のような状態でした。

私も、普段はお参りを無理に勧めることはありませんが、彼女のただならない雰囲気を感じ、「あなたはお参りをした方がいい。毎月でも足を運んだ方がいいですよ。」と言わせて頂いていました。

それから彼女も参拝を続け、少しずつ今日までおかげを頂かれてきました。まずは、不安感だけを抱えていたような精神状態も安定し、未来に希望を描けるようになってきました。すると不思議なことに、現実も整い始め、仕事の面でも、家庭の面でも、物事がスムーズに動くようになり出しました。特に、人間関係の面では、今までお付き合いされてきた、お互いに足を引っ張り合うようなメンバーとは自然とご縁がなくなり、同じように前向きなことに意識を向け、お互いに励ましあえるようなメンバーが集まってきたそうです。

「以前は、神仏に頼ってはダメだと思っていましたし、宗教的なアレルギーがあったので、最初はここ大丈夫かな?と思っていたのですが、何回か来させて頂いているうちに、だんだんとこちらが裏もなく純粋にされていることがわかるようになり、また他に参拝された方が紹介されているブログなどを読ませて頂くと、疑っていた心がしだいに和らいでいきました。ホント、自分はなんて失礼なことを思っていたのかと反省させられました。」と言われていました。

「人間でもそうですが、井戸を上から見ても深さがわからないように、大切なことは表面だけを見て人を決めつけるようなことはしてはいけません(軽く見ないことです)。宗教にも悪徳の宗教もあれば、善良な宗教もあるでしょう。外側のイメージだけで判断してすべてを否定してはいけません。もっとも宗教ではないと謳いながら、悪徳な集団も今はたくさんあることでしょう。結局、中身を見て判断しないと、わかりませんよね。」と言わせて頂きました。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(29日現在5位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ