信心するという心におかげはなし

手や口は手水鉢で洗っても、性根は何で洗うのか。実意丁寧の真でなければ洗えまい。


ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。なお、東日本大震災の犠牲者への祈りコチラでさせて頂いています。


[singlepic id=347 w=320 h=240 float=center]

福岡県在住の女性(20代)が参拝されました。以前は、毎月のように参拝してはおかげを頂かれていましたが、ここ1年間はお参りする機会に恵まれませんでした。宮から心は離れても信仰心は持ち続け、あれこれされていたそうですが、思うように人生が進まなくなったこともあり、今回思い切ってお参りされたようです。

「開運するためにいろいろとして来たつもりですが、それでも上手く行きません。どうして上手くいかないのでしょうか?」と聞かれたので、「いろいろとは、受験生で言えば、受験勉強の方ですか?それとも、合格祈願のお祈りの方ですか?」と聞くと、「お祈りの方です。」と答えられたので、「だとしたら、現実的な問題に向かう心構えや、やり方が悪いのではないでしょうか?そしてもうひとつ、神様とは取引する関係ではありません。これだけやったから、おかげがあるのが当然だというような関係ではありませんよ。」と言わせて頂きました。

信心するという心におかげはなし、信心させて頂くという心におかげはあると言われています。させて頂く心を忘れずに、信心していきたいものです。しばらく神前にて祈られた後、「大事にしなければならない優先順位を間違えていたようです。さっそく、人生を立て直したいと思います。」と言われ、宮を後にされました。

宮には遠方から参られる方もおられますが、直接参拝できない方には特別祈願を用意させて頂いています。自筆で書かれた祈願書を神殿に奉納し、日々祈願させて頂きます(特別祈願はコチラ)。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ