先を楽しめる余裕をもとう

悪いことを思い出して苦にするな。今日が大切である。先を楽しめ。

今日は、第二日曜月例祭が仕えられ、4名ほど女性が初参拝されました。

中でも友人女性に連れられてお参りされた、目の不自由な女性(40代)は、ご自身の自宅でするマッサージとヒーリングの仕事が繁栄するように願われていました。

話を聞かせて頂くと、自分の人生に振り返られ、ここまでくるのにいろいろと苦しいことを乗り越えられてきたようです。

「やっと、自分のやりたいことができるような状況になりました。過去のことはすべて洗い流し、ここから再びスタートを切る、ちょうどその時に、こちらの宮とご縁ができました。」と嬉しそうに話されていました。

苦い過去や罪悪感に縛られて生きている人もいるでしょう。

また、将来に対する不必要な不安に縛られて生きている人もいることでしょう。

どちらに縛られても、現実はうまくいきません。

桃花札のカードにもあるように、「悪いことを思い出して苦にするな。今日が大切である。先を楽しめ。」が、本当に実感できるようになるまで、しっかりと神様に普段から心を向けて生活させて頂きたいものです。

関連記事

罪悪感は疫病神か?それとも福の神か??




※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ