参拝後の感想

大きなことはお願いし、このくらいは構わないと言うことはない。神には、大きいこと小さいことの区別はない。何事にも神のおかげをいただかなければならない。

来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。

[singlepic id=418 w=320 h=240 float=center]
先日、初参拝された兵庫県在住の女性(30代)から以下のようなお礼のメールを頂きました。彼女のように参拝後の感想を頂けると、宮や願い取次の雰囲気も読者の方に伝わり、また私自身も励みになります。

宮司様 おはようございます。土曜日にお伺い致しましたMでございます。 自分の気持ちが全く整理出来ていないままお伺いし、心に浮かぶままを口にしておりましたにも関わらず、温かく見守り、話を聞いてくださったこと、本当にありがとうございました。
宮司様が「あなたは自分自身を責める必要はない。彼の器の問題ですから。彼の器が大きくなって、あなたを受け止めることが出来るようになれば、彼と幸せになり、もし彼がその器を持つことが出来ないのであれば、あなたを受け入れられる器の人との出逢いを神様にお願いすれば良いのです。」と優しく仰ってくださり、気持ちが軽くなりました。

御祈祷後に頂戴した、御神米と桃花札カード、ポストカードを今日も持ち歩いております。また、ご相談やご報告にお伺いすることもあろうかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。神様のお導きに感謝して。時節柄、ご自愛下さいませ。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ