古代赤米(金色祭のお下がり)と桃花札

わが子のかわいさを知って、神が人間をお守りくださることを悟れよ。

[singlepic id=677 w=320 h=240 float=center]
金色祭に合わせて参拝された福岡県在住の女性(50代)から、以下のようなお礼のメールが届きました。

桃山さま。おはようございます。北九州のMです。祈願祭ではお世話になりました。必ずお参りさせて頂こうと決めてはいましたが、金曜日からハプニング(新幹線が遅れる等)があり結局、終了後に到着いたしました。にも拘らず、快く対応して頂きまして有難うございました!!以前からご祈願しておりました件の事後報告もでき、今後の事もご祈願でき嬉しく思っております。

遅れることを事前に連絡はしていたのですが、そちらに着くまで乗り継ぎよく思ったよりも早く到着出来ました。新幹線の中で、席を譲って替わったからかも・・・・と勝手に思っています。帰路もスムーズに乗り継ぐことが出来これまたおかげを頂戴いたしました。おさげ下さいました赤米や桃花カードは早速、東京の友人に送付し姉にも渡す事が出来ました。

すぐにお礼をと思いながら、遅くなりまして申し訳ございません。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。まだまだ気候が安定しませんが、ご自愛下さいますように。先ずは、お礼と報告まで。


NIQCUSE×願いの宮コラボ企画で開催されたペット祈願祭の様子は、コチラ(NIQCUSE代表のブログ)をご覧下さい。※代表玉串を奉奠された犬の学校「ひまわり幼稚園」谷山園長先生のブログ

5月2日、3日は、以前から懇意にさせて頂いている仙台きりゆきさん(現在、久嵩小雪としてソールナビゲーターとして活躍中)のイベントが宮を会場に開催されます。申込み等の詳細はコチラ


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ