合祀祭で先祖を祀る

木のもとへ肥料をやれば、枝振りまで栄える。先祖や親を大切にすれば繁盛させてくださる。

ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=1326 w=320 h=240 float=center]

『絆』の祭日。8月14日(日)、第2日曜月例祭は、午後2時より仕えられます。お時間のある方は、祭事後のお茶交流会にもぜひ参加して下さい。


今日は、6月に老衰(93歳)で亡くなられたご婦人の50日祭(仏でいう四十九日)が仕えられ、50日祭に続き、祖霊殿に御霊を合祀させて頂く、合祀祭を仕えさせて頂きました。これで宮が続く限り、祖霊殿にて朝晩の祈念をはじめ、霊祭りを仕えさせて頂き、御霊の供養をさせて頂くことになります。

今回、合祀させて頂いたご婦人は、ここ数年は、特別養護老人施設で生活され、余生を過ごされていましたが、長年の間、毎月の月例祭には、元気にお参りされていました。寿命の長い、短いはありますが、最期の最期まで、できるだけ元気に過ごすことができるおかげを頂きたいものです。

また、近々、数年前に亡くなった両親の御霊を宮の祖霊殿に合祀させて頂き、改めて供養させて頂きたいという依頼も入っています。合祀したものの放ったらかしになっては、御無礼なので、合祀の依頼は、宮に定期的に参拝することが可能な方に限らせて頂きたいと思います。合祀して供養してほしいという方は、御相談下さい。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ