商売繁盛と病気平癒

神がお造りくださった人間であるから、病気にかかった時に、神に頼んで健康にしてもらうように願うのは、道理にかなった信心ではないか。


ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。なお、東日本大震災の犠牲者への祈りコチラでさせて頂いています。


[singlepic id=29 w=320 h=240 float=center]

大阪府内在住の女性(30代)が、参拝されました。お仕事の上でおかげを頂かれ、独立開業に向けちゃくちゃくと準備も進んでいるようです。そのお礼とともに、ここからの繁盛をお願いされていました。

また、大阪府内在住の女性が初参拝されました。大学へ入ったばかりの娘さんが、不治の病に罹り、抗がん剤の治療を受けられているそうです。現代の医学ではここまでしかできないという辛い状況におかれているようですが、「先のことは誰にもわからないので、娘さんにとって最善の道がつくように、ここからお願いしていきましょう。」と言わせて頂きました。

祈願の後、カードを引かれたところ、「容赦をすな。鐘は打ちわる心で撞け。太鼓はたたき破る気でたたけ。割れも破れもせぬ。ただ、その人の打ちよう、たたきようしだい。天地に鳴り渡りて見せよう。」というメッセージを頂かれ、その後、娘さんの病気平癒を願い月参拝する決意をされていました。宮でも日々回復を祈願させて頂きたいと思います。


[singlepic id=1601 w=320 h=240 float=center]
※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆

ブログランキング
← ランキングに参加しています。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ