大きく願う

習ったことを忘れてしまっても、それで師匠が得をすることはない。覚えていて、あの人のおかげで、ここまで出世ができたと言えば、それで恩を返すことになる。信心をしても、おかげを落としてしまっては、神は喜ばない。おかげを受けてくれれば神も喜ぶ。

いつもブログを応援して頂きありがとうございます。今日もこちらをクリックお願いいたします。「願いの宮」公式サイトのリニューアルをご支援して下さる方は→コチラ

4月19日(日)、午後2時から開運昇運祈願『金色祭』並びに午後4時からペット祈願祭が仕えられます。開始までには、金色桃形ペット用桃形もあります)を書いて奉納して下さい。商売繁盛、人生や仕事、あらゆる意味で右肩上がりのおかげを頂きたいと願う方々の参拝を心よりお待ちしています。このお祭りを機に、一時のおかげで気を抜かず、そのまま上昇していくような力強いおかげを頂きたいと願っています。※カフェ及びアートフリマは、午前10時頃から駐車場で開催されます。

今日は、千葉県在住の女性(30代)が参拝されました。彼女は学生の頃、小説で賞を取るなど実力もあったそうですが、当時の審査委員長に酷な批評をされたのが原因で、その後は小説が書けなくなっていたそうです。仕事の傍ら、翻訳家の道を進めて来られましたが、願いの宮に定期的に参拝されるようになられて以降、寝込む日が多かった体調も改善され、気力も溢れるにつれて、本当は物書きになりたいという抑えていた気持ちまで溢れ出てきたようです。

小説とエッセーはもう少しで書き上がるそうですが、6月までには完成させ、年内には出版を決めたいとのことでした。彼女のブログを読まれ、宮に参拝されるようになったイラストやアニメを描かれていた福岡在住の女性(20代)も、現在は東京に進出し、彼女とたまに会っては、お互いの夢を語り合っているそうです。

「お互いにいい刺激を与えあっているいい関係になれています。幸せなお金持ちを目指しているので売れっ子になった際は、願いの宮を東京にもつくって頂きたいので、社会貢献の一環として土地を買わせてお供えさせて頂こうという話にまで盛り上がっているんですよ(笑)。周りでもお参りしたいという子たちがいるので、今度はツアーを組んで参拝させて頂きたいと思っています。」と言われていました。

「そうなんですか?それは面白いですね(笑)。どうせなら二人で土地をなんてことを言わず、一人が土地で、もう一人が宮の建物を平気でお供えできるくらい大きなおかげを頂きましょう。」と言わせて頂きました。虎ぐらいのものを描いていると、猫くらいにはなるといわれるように、大きくお願いすることも時には大切なことなのです。

和文化サイトを運営されている企業から依頼を受け、巫女ブログを開始しました。今月より、「Kiss-FM KOBE」にてサイトのCMも流れるそうです。ブログはこちら → 「巫女れしぴ」 ネットラジオはこちら → 巫女ボイスブログ「みこたま」 巫女ボイスブログ「みこたま」のCMができました。 → CMはこちら 

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(4日現在6位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ