大難が小難に

ふだんから、神に取りすがっていれば、神と心安くならせてもらっているのと同様である。無理も聞いていただける。大難は小難にまつりかえてくださり、小難は無難にお取り払いくださる。

いつもブログを応援して頂きありがとうございます。今日もこちらをクリックお願いいたします。

今日は、首筋に出来物ができ、癌の疑いもあると言われていた女性(60代)が参拝されました。

首筋の腫れが、御神酒を吹きかけたところ、一週間ほどで10分の1になるおかげを頂いた内容を以前書かせて頂きましたが、その後も出来物が小さくなり続けるおかげを頂かれていました。ゴールデンウィーク明けに手術され、今日無事に退院されたそうです。

手術前に参拝された際も、「あれだけ腫れていたのに、ほとんど腫れも治まりました。本当は手術しなくて済むのが一番ありがたいのですが、そうもいかないようなので、できるだけ手術がしやすい状態になるようお願いいたします。」と、改めてお願いされていましたが、その手術も無事に終わり、取り出された腫瘍も検査した結果、良性とのことでした。

「退院したその日にお礼参りに行く方が、値打ちがあると思って勇んで参拝させて頂きました。4人部屋も入院中は2名だったので、ゆったりとしていましたし、またホテルのように見晴らしも良く、さらにご飯も美味しく、人生で初めての入院でしたが、なんだか休憩に行かせて頂いていたようで、ありがたかったです。」と楽しそうに話されていました。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(14日現在5位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ