女子小学生も祈願

痛い時はお願い参り、痛くない時が信心参り。


11月27日(日)、午後2時より、「秋季大祭」が仕えられます。春と秋の年2回仕えられる開運の節目のお祭りです。お時間のある方は、ぜひご参拝下さい。※大祭に合わせて特別祈願の用紙を送って下されば、祭典中(献饌行事)に奉納させて頂きます。


[singlepic id=1429 w=320 h=240 float=center]

近所の女子小学生2名が参拝されました。話を聞いたところ母校の後輩でした。昨年末のTVで、となりの人間国宝さんを見て宮のことを知られたそうです。これからも人間関係に恵まれるようにと、願いごとを書いた、祈願書を結界に持って来られました。

「何か人間関係に悩んでいるの?」と尋ねたところ、「いえ、ものすごく順調です。ただ、これらかもずっとそういう人間関係に恵まれるようにと思って・・・。」とのことです。悩んでいるわけでもなく、順調であるのに関わらず、わざわざ参拝に来れる感覚がある小学生に少し驚きましたが、幼い頃から見えないものを大切にできる感性があることを、大変ありがたく思いました。

また、玄関に置いてある写真を見て、「あれ、NMB48もここに来てるやん。山田菜々ちゃんや。」と、楽しそうにしている幼い後輩たちを見守りつつ、「何か悩みごととかあれば、話を聞いてあげるから、いつでもお参りにおいでや。」と、彼女たちを見送らせて頂きました。




※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ