嫉妬は運を悪くする

今日は、東京都在住の姉妹(30代)が初参拝されました。昨年、雑誌『ゆほびか』に掲載された記事を読まれてから、願いの宮にぜひお参りしたいと思い続けてこられたそうです。

良縁成就のお願いをされたので、「どんな願いごとでもそうですが、上手くいかないことが続くと人間はだんだんとひねくれてしまうものです。神様は心の奥底に反応されるので、そうなってくると、どれだけ手を合わせて綺麗に願ったとしても、心の奥底にある“どうせいつものように上手くいかないだろう”とか、“どうせこの年齢だから無理だろう”などのような否定的な思いを取り除かなければなりません。この“どうせの芽”を抜くお願いもしていけなければなりません。」と言わせて頂くと、「特に私は嫉妬深い性格なので、他人の幸せが素直に喜べなかったりするところをこれを機会に改めたいです。」と言われました。

「嫉妬すると、素直さがなくなり、悪い方へ悪い方へと物事を選択していきます。当然、相手との間に、壁をつくってしまうので、必要な情報もシャットアウトしてしまい、そこからつながるであったろう人とのご縁も入って来なくなります。どちらにしろ、嫉妬は運を悪くすると思って、そうななった瞬間に取り払って頂くようお願いしていくことから始めてみましょうね。」と言わせて頂きました。

また、広島県在住の女性(30代)も参拝されました。現在は学校の先生をされていますが、将来的には心を癒すお仕事をしていきたいとのことで、まずは、自宅の一室からですが、いずれは癒しの空間(店舗)も持つことができたらとのことでした。さらに、その空間が願いの宮に心を寄せる広島方面の方々の拠点(広島「NEGAINOMIYA」)にもなればとのことでした。

【開運のポイント】手や口は手水鉢で洗っても、性根は何で洗うのか。実意丁寧の真でなければ洗えまい。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ