安心感に包まれる

人間であるから、生きている間は先々のことを考えもしようし、心配の尽きる時はあるまいが、それがみなおかげになれば、心配はあるまい。心配は、信心すればみなおかげになる。心配は体に毒、神に無礼である。心配する心を神に預けて、信心する心になれよ。おかげになる。

ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=29 w=320 h=240 float=center]

5月29日(日)午後2時より開運『春季大祭』が仕えられます(詳細はコチラ)。※大祭に合わせて特別祈願の用紙を送って下されば、祭典中(献饌行事)に奉納させて頂きます。


数年前、旦那さんの再就職の願いごとをメールで受けたことからのご縁で、それ以降、ことあるごとにおかげを頂かれてきた、シカゴ在住の女性(40代)がおられます(その時のブログはコチラ)。

彼女の姪が、大学での人間関係に悩み、心の病になりかけていることを聞き、「だまされたと思って、一度、願いの宮にお参りして、ももやまさんに話を聞いてもらったらどう?」と勧められたそうです。

少しでも状況が良くなるのであればと、北海道に住む彼女のお姉さん(50代)と、東京の大学に通う娘さん(10代)が、先日お参りされました。

いろいろと話を聞かせて頂いたところ、「今後は焦らずに、振り返った時、いい経験をしたと言えるような人生にしていきたいです。」と、少しずつ娘さんに笑顔が出て来るようになられました。

また、改めて娘さんはお母さんの思いを、お母さんは娘さんの思いを互に聞くことができるいい機会になったようです。最後は、母親のお腹の中にいるかの如く、安心感に包まれて、宮を後にされました。


※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ