山を越えるおかげ

みな、病気の名前や病気のもとは不思議によく知っているが、おかげの受けられるもとを知らない。病気のもとよりは、おかげのもとをたずねてみよ。

ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=5 w=320 h=240 float=center]

7月16日(土)午後2時から、定期的に開催される宮司の嫁による人生好転のための独演会、『かのん茶屋』がオープンします。気軽にご参加下さい。申し込み等の詳細はコチラ


東京都在住の男性(20代)が、お礼参りされました。数年前、初参拝された際、一緒に参拝した女性が、白血病になられたそうです。その女性が、ここ2、3日が山といわれたことを聞き、何がなんでもおかげを頂きたいと、先日、ひとりでお参りされました。

その後の経過を聞いたところ、おかげを頂かれ、山を越えることができ、自宅にも一時帰宅できるまでになっているそうでした。ただ、あと2回ほど、抗癌剤の治療を受けるため、引き続きおかげを頂きたいと、彼女の代わりにお願いされていました。

彼女が書いてほしいと頼まれた願いごとの中に、「病気回復後は、今後、増えるであろう白血病の方々のお役に立ちたい・・・」との言葉がありました。明るい未来を描きつつ、必死で病気と闘われているようです。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ