弁護士の道へ

金の杖をつけば曲がる。竹や木の杖をつけば折れる。神を杖につけばよい。神は、曲がりも折れも死にもなさらない。

6月26日(日)、午後2時から上半期を祓う「夏越大祓式」が仕えられます(祭典の詳細及び郵送用の人形はコチラ)。


[singlepic id=1287 w=320 h=240 float=center]

大阪から日本を元気に!をスローガンに活動する福娘プロジェクト「ももはな娘一期生募集」の締切が25日に変更になりました。詳細はコチラ


兵庫県在住の男性(40代)が初参拝されました。ある業界で活躍されていたそうですが、会社を辞められたことをきっかけに、弁護士になることを決意されたそうです。

「人を救うにも、医者や宗教家のような形もありますが、私は弁護士としてお役に立ちたいと考えています。ただ、弁護士の道が、神様の思いと違うのであれば、この道を行けという道を授けて下さるようお願いいたします。」と願われていました。

また、東京都在住の女性(20代)もお参りされました。彼女(戸籍上男性)は、性同一性障害で悩みながらも、普段は男性として働かれています。彼女もまた、性同一性障害等で悩む人のために、弁護士を目指して頑張られているようです。

これしか道はないと決めつけてしまうと、道が狭くなり、かえって苦しむことになりますが、目標を掲げ、柔軟な姿勢で前進していくことは大切なことです。神様にお願いしつつ、一歩一歩前進していれば、思ってもいない方向に導かれたり、想像以上の活躍の場が用意されたりと、ありがたいことでいっぱいになります。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ