御霊を大切に

木のもとへ肥料をやれば、枝振りまで栄える。先祖や親を大切にすれば繁盛させてくださる。

東京「NEGAINOMIYA」。9月18日(土)宮司を囲む会参加者募集中(詳細はコチラ)。

[singlepic id=903 w=320 h=240 float=center]
『神がいかに助けようと思うても、氏子に徳がなければ、その難を消しようがない。』

わが身の徳を失っている混迷の時代。目に見える物を追いかけ、現実を整えていこうとすることは、自身の運命を定めていく上で大切なことです。しかし、そのことで、もって生まれた定めまでが変わるというものではありません。

運命を好転させるおかげを頂くためにも、大きな神様のお計らいはもちろんのこと、目に見えない先祖の働き、先祖の徳というものを頂いての今日であるということに気づき、今まで以上に感謝をもって生きていかねばなりません。

今日は、98歳で亡くなられたあるお祖母様の年祭(仏式の法事)が仕えられました。子ら孫らが揃い、感謝の思いをもって、祖霊殿にそれぞれ玉串を捧げられました。亡き御霊様も喜ばれていることでしょう。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ