徳積み信心で運気アップ

先の世まで持っていかれ、子孫までも残るものは神徳である。神徳は、信心すればだれでも受けることができる。神徳は尽きることがない。


2月11日(祝)午後2時から、バレンタイン直前企画、良縁成就祈願「桃祭」が執り行われます。詳細及び、郵送用の良縁桃形はコチラ恋愛や結婚につながる良縁だけでなく、人や仕事等の良縁のお願いごとでもかまいません。また、翌日の2月12日(日)は、『絆』の祭日です。第2日曜月例祭は、午後2時より仕えられます。お時間のある方は、祭事後のお茶交流会にもぜひ参加して下さい。


[singlepic id=35 w=320 h=240 float=center]

東京都内在住の女性(30代)が、初参拝されました。ある会社でデザイナーをされていましたが、独立して個人で仕事をされるようになったそうです。2年後には、キチンとした会社を立ち上げたいとのことでした。

「今まで、いろんな方々を見てきましたが、努力するのは当然として、やはり成功するには運が左右するなと感じてきました。デザイナーとして今後活躍するためにも、まずは健康面でお守り頂くこと、そして素晴らしい人との出会いを頂かねばならないと思っています。」と話されていました。

徳があるかないかで、自ずと「運」も決まってきます。先祖からのお徳を使うだけ使い、子孫を路頭に迷わせている方も多いようです。何もしていないのに、次から次へと家庭に悪い出来事が起きてくる場合などは、神様からの徳切れの合図でしょう。自分さえよければいいという考えを捨て、子孫にまで残せるような徳を積ませて頂き、己自身も運気アップのおかげを頂きたいものです。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ