心の雑草を抜く

おかげを受けられるか受けられないかは、わが心にある。わが心さえ改めれば、いくらでもおかげは受けられる。

いつもブログを応援して頂きありがとうございます。今日もこちらをクリックお願いいたします。

今日は、大阪府内在住の女性(20代)が初参拝されました。仕事でストレスが溜まり、体調が良くないとのことでした。ネガティブなことばかり考えてしまい、転職しようかとも考えているそうです。

「職場の人たちはいい方ばかりなんですが、私自身が言いたことを言えない性格で、どうせ言っても無駄だろうとと意見を言わないようにしてきました。それが逆にストレスになっているんだと思います。今の仕事は転勤もあるので、自分に合う仕事を見つけて転職したいとも考えています。」と話されていました。

「自分に合う仕事を見つけることや、転職することも大切かもしれませんが、今いるところを楽しく変えることも大切ですよ。部署の人間関係が悪いわけではないんですから、楽しく働けるように変えていくことは難しいことではありません。そのためにも言わなければならないことは言わせて頂きましょうね。」と言わせて頂きました。

すると、「そうですよね。今まで、自分のいるところを変えることを考えたことがありませんでした。どうせ言っても無駄だろうと、逃げてばかりいたようです。このネガティブな思考を変えることなんてできますか?」と聞かれたので、

「神様の力を借りれば、簡単ですよ。癖のようなものですからね。その癖を変えるには、ポジティブになれるよう毎日神様にお願いしていくことです。無理に自分の力で変えようと力んでも変えれるものではありません。ネガティブな思考は、心に“どうせの芽”がたくさん生えている状態です。頭でポジティブにと考えていても、日常生活の中で、“どうせ私は○○だからできないだろう”とか、“どうせこんなことをやっても無駄だろう”とか、否定的な思いが出てくるでしょうが、その都度、心に生える“どうせの芽”を神様にお願いして抜いて頂きましょう。まずはここからです。」と言わせて頂きました。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(30日現在5位)! 

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ