心配は預ける

人間であるから、生きている間は先々のことを考えもしようし、心配の尽きる時はあるまいが、それがみなおかげになれば、心配はあるまい。心配は、信心すればみなおかげになる。心配は体に毒、神に無礼である。心配する心を神に預けて、信心する心になれよ。おかげになる。

[singlepic id=91 w=320 h=240 float=center]
岡山県在住の男性(30代)が、参拝されました。彼は、私の高校の同級生で、大阪に来た際は、いつも宮にお参りして帰られます。

彼は海外でミュージシャンとして活躍した後、帰国後は、クリエイティブな仕事を中心にしてきたようですが、語学が堪能なこともあり、ある会社のオファーを受け、今回その会社に入ることが決まったとのことでした。

「その会社で働くことには、ぜんぜん不安はないけど、ちゃんとしたサラリーマンになるのは初めなので、その辺だけが心配。また、報告に来させてもらうので、よろしくお願いいたします。」とお願いされていました。

「8時です!生放送!!」TV収録の模様はコチラ


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ