心(願い)を整える

おかげが受けられるか受けられないかは、わが心にある。わが心さえ改めれば、いくらでもおかげは受けられる。

岡山県在住の女性(30代)が初参拝され、いろいろとお話を聞かせて頂きました。

中でも、あれこれやりたいことに手を出し過ぎてしまい、自分がいったい何をやりたいのかわからなくなったり、また自分の欲だけで人のためにということが考えれないことに罪悪感を持たれているようでした。

「好きなことをされている。そのままでいいじゃないですか。逆にもっと強い願いを持たせてもらい、その延長線上で人様のお役に立つことをされたらいいんです。好きなことと、人のお役に立つこととをわけて考える必要はありません。」と言わせて頂き、

また、「問題があるとすれば、あれこれされていることを一本串刺しにするような、こういう方向で進んでいきたいという中心の願いを持たせて頂くことでしょう。おそらく自分の心の中が整理整頓されていないのだと思いますよ。整っていれば、やりたいことの中でも、優先することや、今は横に置いておくことなど、ハッキリと見えてくるものです。朝晩ヨガをされているそうですが、その直前でいいので、神様と対話する時間や、瞑想する時間などを増やすと、心の整理できていいですよ。」と言わせて頂きました。

心を整え、感謝の気持ちを土台に、日々祈念していきたいものです。

関連記事

罪悪感は疫病神か?それとも福の神か??



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆

ブログランキング
← ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ