愛情をもって祈り続ける

よく、神に捨てられた捨てられたと言うが、神はめったに捨てはしない。みな、人間の方から神を捨てるのである。

[singlepic id=96 w=320 h=240 float=right]月参拝されている滋賀県在住の女性(60代)が参拝されました。引きこもりをされている息子さんのことで2年ほど前に初参拝されましたが、当時は、会話もなく、自殺まで考えていた息子さんも、社会復帰まだですが、着実に回復に向かわれているようです。

宮には、引きこもりをされている子どもさんを抱えている親御さんがお参りされることがよくあります。長年そのような状態の場合、参拝したからといってすぐに状況がよくなるとういものではありません。良かれと思ってした行動や、言動で余計に関係がこじれる場合もあります。とにかく、心を落ち着かせ、まずは愛情をもって諦めずに日々祈っていく(祈りで包んであげる)ことが大切だと思います。

滋賀県の女性は、息子さんのことだけでなく、「主人の座る食卓越しに、宮で頂いた天地書附(神棚代わりのモノ)が見えるように貼っていたのですが、神様が主人の背中をご覧になって下さったからなのか、不思議なことに長年悩まされていた背中の皮膚炎が、すっかり治ってしまったんです。」と、嬉しそうにおかげの報告をされていました。

また、「以前は、息子のことで私自身塞ぎ込んでいましたが、こちらへ来させて頂くようになって、何よりも私自身がおかげを頂いています。心にゆとりをもてているのも、いろんなことに気づいて感謝できているのも、神様に支えて頂いているからこそだと思っています。」と話されていました。

ネットラジオ「めでたいマインドは最強無敵なり!☆」が更新されました(このネットラジオの説明)。今回のゲストは、フラメンコダンサーのtAmaさんです。小柄な彼女ですが、踊りにキレと存在感があり、観ているこちらが元気がもらえるのには、何かわけがありそうです。高津神社のたかきや秋祭では、100人で踊るフラメンコイベントもあるそうです。※ネットラジオは → こちらからどうぞ

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気ブログランキングへ(10日現在7位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ