感謝のお供え

信心していれば、その時は都合が悪いようでも、神の仰せにそむかないでいると、後になってから、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかってくる。これがわかるくらいの信心をしなければ、信心するかいがない。


ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。なお、東日本大震災の犠牲者への祈りコチラでさせて頂いています。


[singlepic id=662 w=320 h=240 float=center]

神奈川県在住の女性(50代)から、感謝のお供えが届きました。大学受験の時、センター試験で失敗し、息子さんの落ち込みも激しく、部屋から出て来なくなることがあり、その時に、祈願メールをして来られたのが、彼女との出会いでした。

その時に、折り返しメールでお返事させて頂き、その心もちでお祈りすれば大丈夫ですよとお伝えしたところ、翌日には、すっかりと元気を取り戻し、その後、一流私立大学に合格するおかげを頂かれました。

また、就職活動の際、最終面接まで進むもののことごとく落ちて来る息子さんに対して苛立ちが少しずつ出て来たところ、不思議なことに、大学入試の際、私が返事で送らせて頂いたメール(プリントアウトしていたもの)が、目の前の本棚からヒラヒラと落ちて来たそうです。

大事なことが書かれてあるとプリントアウトしていた内容を改めて読みなおし、就職試験に向かう息子を気持ちよく送るようにしたところ、それ以降に受けたすべての会社から内定を頂かれたそうです。以下は、先日、彼女から届いた感謝のメールです。

おはようございます。ようやく桜も咲き始め、春らしくなってきましたね。昨日、長男が無事に入社式を迎えることができました。今朝も新社会人として出社する息子を見送りながら、親としての大きな仕事を終えた充実感を感じています。願いの宮とのご縁も息子の大学受験の時からですね。いつも見守って頂きまして、ありがとうございます。息子に頂いたお祝いの中から、心ばかりですが、お供えをゆうちょ銀行に振込みました。それでは、またお会いできるのを楽しみにしてます。




※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ