感謝のメール

人間が神と仲よくする信心である。神を恐れるようにすると信心にならない。神に近寄るようにせよ。

10月24日(土)午後6時から、美心祈願「橙輝祭」が執り行われます(美心祈願桃形郵送用)。美容と健康をテーマにした特別祈願祭です。オレンジ(ビタミン)色に輝く、夜の神秘的な宮で、心も身体もより美しく健康になるようお願いさせて頂きましょう。

[singlepic id=31 w=320 h=240 float=center]
先日、『欲を教育する』で紹介した女性(40代)から、感謝のメールが届きました。以下に紹介させて頂きたいと思います。※画像は、結界での願い取次風景。

ももやま様、お早うございます。先日は長時間に渡りお取次ぎをしていただき、有難うございました。台風接近の中でしたが「絶対に行ける」と心に決め、初めてお参りさせていただくことが出来嬉しく思います。「行くことができた」事自体がおかげであります。気が付けば2時間余りも根気よくそして、優しくとりとめの無い私の話を聞いて頂き、本当に有難うございました。

願いの宮様に行かせて頂いて「神様にお願い事がしたかった自分」に目覚めました。これからは神様をもっと身近に感じ信心していきたいと思います。早速、帰ってからいただいた天地書附(神棚代わりに配布)に向かって手を合わせております。なんとも気持ちの良いひと時です。

最近、眼鏡を変えよく見えるようになったはずなのですが、何か目の奥がくぐもったような感じですっきりとしませんでした。ところが、御参りさせていただいてからすっきりとよく見えるようになり早速におかげをいただいております。場の力を実感しました。

そして家族もおかげを戴いております。口を荒らしたり、物にあたっていた息子ですが、あの日を境に荒れた様子もなく穏やかに過ごしております。本当に有難いことです。きっと息子を通して神様が私を導いてくださったのでしょう。

「愛情をもって祈り続ける」・・・「続ける」私にとって一番の課題です。私のように「神様にお願いしてはいけない」と信じきっている方が、願いの宮様を知り「信心する事」に目覚めてくれたらなと思います。又、お宮様に行ける日を楽しみにしております。


ブライダル案内、特集のページを追加しました。コチラをご覧下さい。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気ブログランキングへ(10日現在8位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ