時節に任せる

四季の変わりは人の力におよばないことである。物事は時節に任せよ。

2月11日(祝)午後2時から、バレンタイン直前企画、良縁成就祈願「桃祭」が執り行われます。詳細及び、郵送用の良縁桃形はコチラ恋愛や結婚につながる良縁だけでなく、人や仕事等の良縁のお願いごとでもかまいません。また、午後4時からはヘアメイクショーもあります。お時間のある方は、ぜひ足をお運び下さい。

[singlepic id=532 w=320 h=240 float=center]
大阪市内在住の女性(30代)が参拝されました。数年前、ご両親に連れられて初参拝された頃は、精神的な病気が発症した頃でした。その後も、しばらくの間は入退院を繰り返し、薬を飲みつつ自宅にて静養するなど、長い時間はかかりましたが、少しずつ回復していかれました。

昔はホテルで受付をされていた彼女でしたが、薬の量が減ってきたこともあり、軽作業の工場での仕事から少しずつ社会復帰をしていかれました。しかし、働いてはみたものの、いつも人間関係で悩まされ、病気を理由に職を次々と変えているような状態でした。

その都度、参拝しては現状の悩みを話し、荒れた心の中を整え、その上で前向きな願いごとをされていました。そんな彼女でしたが、ひょんなことから介護施設で働く機会に恵まれ、肉体的、精神的にも苦しい局面も多々ありましたが、前向きに取り組めるようになり、その後、向上心に火が付き、介護の勉強を続けていく中で、同じ業界内で働く彼も見つかるおかげを頂かれました。

現在、彼女の仕事ぶりや人柄から、病院の介護施設から、高級介護施設に移ることになり、資産のあるお年寄りの方々のお世話をされています。「ホテルで学んだ接客や、長く苦しんだ心の病で学んだことが、今の職場で活かされています。こんな職場で働けるとは思ってもいませんでした。本当にありがたいことだと思っています。ただ、しんどい時、苦しい時は今でもあります。以前のように病気のせいにしてやめようとせず、神様にお願いして、乗り越えさせて頂きたい、もっと私自身強くなりたいと思っています。」と力強く話されていました。

彼女は今、数年前、入退院を繰り返し、たくさんの薬を飲んでいた頃には、まったく想像できないほどのおかげを頂かれています。今現在、何らかのことで苦しんでおられる方も多くおられるでしょうが、神様の後押しを頂き、決して焦ることなく、一歩ずつ着実におかげを頂いていきたいものです。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ