未来は変わる

うろたえ信心をするな。早くおかげを受けたいと思ってうろたえるのは、近道をしようと思って知らない道でうろたえるのと同じことである。

今年も今月で終わりになりました。可能な方は、年末までに今年一年のお礼参りをさせて頂きたいものです(参拝が無理な方は、特別祈願でも、祈願メールからでもいいので、感謝の気持ちを神様に送らせて頂くことを考えられたらどうでしょう)。また、12月30日は「年越大祓式」が午後2時から仕えられます。人形に念を込め、今年一年の厄を落とし、悪しきメグリを祓わせて頂きましょう。

[singlepic id=29 w=320 h=240 float=center]
某テレビ局で勤務されている女性(50代)が、今年一年のお礼参りをされました。定年までには本社に戻って仕事がしたいと、遠方ですが3年ほど前から、定期的に参拝を続けられています。

「実は、テレビ局にある有名な占い師さんが来られたので、出向先から本社に戻れるかどうか観てもらったところ、その年齢ではもう無理だから、あきらめた方がいいと断言されました。そうなのかもしれないとも思いましたが、いやそれでは困ると思い直し、こちらの神様に願い続けていたところ、2年ほどかかりましたが、無事に本社に戻るおかげを頂きました。あきらめずに前向きにお願いさせて頂くことは本当に大切なんだと、心底わからせて頂きました。」と嬉しそうに話されていました。

また、先日も、離婚した方がいいか、それともしない方がいいのかを悩まれている女性(30代)が参拝されましたが、この方の場合は、複数の有名な霊能者の方に相談したところ、まったく違うことを言われ、余計に選択を悩まれているような状態でした(その時のブログはコチラ)。

いろいろと話を聞かせて頂きましたが、その後、自分が本当に求めている幸せは何なのかがハッキリとわかり、自分に自信がないことが原因で生まれていたパートナーへの執着心を捨て、離婚する決断をされました。腹が決まった後は、離婚だけでなく、今後の幸せのためにも自分に自信がもてるようにと改めてお願いされていました。

占いや霊能者の方に相談することは悪いことではありませんが、ヒントをもらうことはあっても、それがすべてだとは思わない方がいいでしょう。過去はともかく、未来は変わるもの。日頃の感謝を土台に、前向きにしっかりとお願いしていきたいものです。


初詣は「願いの宮」へ(案内はコチラ)。来年に向け幕と幟を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)

※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ