水子祭で水子の供養

御霊の祭りは大切にせよ。

6月27日(日)、桃山祈願祭のイベントが開催され、午後2時から上半期を祓う「夏越大祓式」が仕えられます(祭典の詳細及び郵送用の人形はコチラ)。

[singlepic id=779 w=320 h=240 float=center]
毎年6月1日の月例霊祭に合わせて、水子を供養する水子祭を仕えさせて頂いています。祖霊殿に水子を合祀されている方の中には、流産や死産された方もおられるでしょうし、訳あって中絶された方もおられることでしょう。理由は何であれ、亡くなられた水子の御霊を供養させて頂くことは大切なことです。

[singlepic id=778 w=320 h=240 float=center]
これを読まれている方の中にも、誰にも言っていなかったけど、実は子どもをおろしたことがあるという方もおられるかもしれませんが、もし祖霊殿に合祀して供養させて頂きたいという方がおられましたら、いつでも相談して下さい。合祀祭を仕えさせて頂きます。


宮の新築落成から10年の節目の年を迎えるにあたり、大祭後からお広前の畳替えとガラス窓に新たに障子を入れるリフォーム工事が始まります。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ