白血病回復のおかげ

11月17日(土)、楽園ライフ社主催の「桃山きよ志」講演会が開催されます。詳細、申し込み等はこちら

おかげを頂かれた方から感謝のお手紙やメールが、毎日のように届いています。せっかく頂いた神様とのこのご縁を大切にし、一時のおかげで終わらせることなく、引き続いておかげを頂くためにも、日頃から神様に心を向けることが大切です。

今日は、大阪府内在住の女性(30代)から以下のようなお礼のメールが届きました。従弟が、急性ではないものの白血病であることがわかり、現在体調も良くないとのことでした。「大病に罹ったからといって、寿命だと諦める必要は限りません。とにかく、大難が小難になるよう、従弟の回復を代わりに願わせて頂きましょう。」と言わせて頂いていました。

こんばんは。こないだ参拝に行って以来、従弟の健康状態も良く現在は健康な人と変わらない位に落ち着いてきました。明日から職場ばに復帰するそうです。宮の神様に感謝です。ありがとうございました!

【開運のポイント】みな、病気の名前や病気のもとは不思議によく知っているが、おかげの受けられるもとを知らない。病気のもとよりは、おかげのもとをたずねてみよ。

※このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ (29日現在5位)

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ