石川県からお礼参り

信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。知ったおかげより知らないおかげが多い。後で考えてみてはじめて、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかるようになる。



[singlepic id=29 w=320 h=240 float=center]

石川県在住のご夫婦がお礼参拝されました。ご主人の家系に代々続いている遺伝病の不安から、初参拝されましたが、幸いにも検査の結果、異状なしのおかげを頂かれました。

その後、お礼参りをされた後、すぐに願っていた妊娠のおかげも続けて頂かれました。今回は、出産に備えての引っ越しも無事に終えられ、安定期に入ったこともあり、ご夫婦でお礼参りに来られました。

奥様は、「40代の高齢ですが、無事に安産のおかげが頂けるようよろしくお願いいたします。」と改めてお願いされました。最初は、不安の方が大きかったようですが、おかげを頂かれるようになったことで人生が開け、最近では不安よりも希望の方が多くなってきているようです。



[singlepic id=1601 w=320 h=240 float=center]
※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆

ブログランキング
← ランキングに参加しています。



他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ